デンタルローンと一緒に知っておくと良いこと

インプラントを初めとした歯科治療は高い性能や回復が見込めますがその反面、高額な治療費を必要とします。この他にもセラミックなどの審美歯科、最新の歯科医療には多くの費用を支払わなければいけません。

デンタルローンは収入が少ないけど、口腔内のケアを十分に行いたいという人に作られた立替払制度です。信販会社が先に医療費を立替その後、患者が返済していく仕組みであり歯科治療にのみの利用目的をとってるので年利や返済期間が易しい特徴があります。

具体的には信販会社によりますが年利なら平均で5から10%、支払い回数は約30回以上、もっと高額な場合では7年間の期間を得られることも可能なので資金に余裕のない人でも利用しやすいでしょう。またデンタルローンは総量規制と呼ばれる年収の3分の1以上のローンがかけられない制度の対象外であり、複数のインプラントを行うような高額治療に挑むことができます。
歯医者の保険なしはこちらです。

しかし医療費を支払うばかりに気に取られてはいけなく、デンタルローンと共に知っておくと特になる制度もあります。それは高額医療控除の対象でもあることであり、年間の医療費が一定額超えた場合確定申告を行えば一部返還される可能性があります。なのでお金を捨てるだけの存在でないので、高額医療控除を行うためにも歯科医院で貰った領収書は必須です。これがなければ確定申告の際に申請が難しくなるので、クリアファイルや空き箱などに取っておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です